戻る
 工房で使うことの多い木の説明です。今回は画像が間に合いませんでしたが、近日中にそれぞれの木に漆やオイルを塗った画像をお見せしたいと思います。
ケヤキ
ニレ科、(広葉樹 環孔材)

<材の特徴>
・色は黄褐色で少し赤みを帯び、木目がはっきりしています。
・かなり硬い方に属する木で、耐久性も高く重い木です。
・材の価格も高く、高級な材料といえます。

・工房では様々な木工品に使っています。
タモ
モクセイ科、(広葉樹 環孔材)

<材の特徴>
・色は黄白色から灰褐色で、木目がはっきりしています。
・ケヤキと比べると軽くて粘りがあります。(バットやスーキーの板などにも使われています。また内装にも使われ、名前は知らなくとも、なじみの深い木です。)
・価格は標準的な値段です。

・粘りがありけっこう軽い材なので、工房では椅子などにも使っています。
クス
クスノキ科、(広葉樹 散孔材)

<材の特徴>
・色は淡い褐色から黄褐色で、木目はケヤキやタモに比べると控えめです。
・樟脳の香りを持ち、防虫効果に優れています。この木で欄間も盛んに作られています。
・九州には比較的多い木で、価格も標準的な値段です。

・工房では、ケヤキやタモだと木目が強すぎると思われるものに使っています。
ヒノキ
ヒノキ科(針葉樹)

<材の特徴>
・色は黄白色から黄褐色で、やや赤みがかっています。
・独特の香りがあり、水にも強い材です。
・建築材として目にする機会の多い木ですが、家具にも適しています。
・木曽ヒノキなどのブランドでなければ、価格は標準的です。

・工房ではあまり使っていませんが、材の入手の手軽さもあり、これから使用することも考えています。
広葉樹 環孔材とは? 年輪に沿って太い導管が環状にならんでいます。このため木目がはっきりしています。
広葉樹 散孔材とは? 環孔材よりも細い導管が比較的均一に分散しています。このため木目ははっきりとはしませんが、繊細な雰囲気を持っています。