本棚
(樹種、ヒノキ)(オイル仕上げ)
全体のサイズ、縦250、横幅300強、奥行き35



お客様のマンション、6畳の壁一面の本棚になります。
つくりはシンプルそのもの。

これを一台で作るとドアも通れず、納品もままならないので、
縦に二つ重ねて3列、計6台で構成されています。

反対方向より、



このような大きな家具は倒れると非常に危険なため、本体の上にあえて隙間を作って、
最後に四角く框(かまち)組みをした部材を天井との隙間にはめ込みます。

こればかりは工房で合わせられないので、現場にカンナとノコギリを持参し、
調整削りしながら少しずつ入れていきます。

そのようにして天井の波打っているモルタルに削り合わせると、
壁や天井に固定されていないにもかかわらず、まず倒れません。

しかしこれは本棚なので、この後に当然ぎっしりと本が入れられることでしょう。
大きな地震で本体が倒れなくても本は落ちるので、
この部屋を居住スペースにするためには、本の落下防止も施す必要があります。


製作中の様子(工房にて)




戻る