文机の修理
(樹種、不明)


お年を召した方からのご依頼です。
その方が、昔から使っていた机の修理になります。
その内容は、天板の割れや引き出しの調整、全体の磨きと塗装になります。



天板には元の天板に近かったクスの柾目を埋め、
机本体の引き出しの桟木部分を作り直しています。
手掛けの金属部分も全て外して磨いた後、クリアー塗装を施しました。

抜けかかっていたホゾも可能な限り外して、ゆるい部分に木を貼り組み直してあります。
また引き出し前板に無数に開いた、味わい深い穴は“虫食い”によるもの。
全ての穴にパテを埋めました。(もう虫はいませんでした。)

持ち込まれた直後はかなり使い込まれ、引き出しがスムーズに動かない状態でした。







戻る