御霊舎(みたまや)―その3―

ヒノキ
特注品


お客様の仏間に合わせて制作しました。

御霊舎(みたまや)とは、
仏教で言うところの“仏壇”で、神道の方が使われます。


中には先祖代々の御霊代(みたましろ)が並べられ、
神事の際には扉を開けて行うことが多いようです。


【御霊代(みたましろ):仏教で言えば位牌のようなもの】


御霊舎(みたまや)納品の際には、神事が執り行なわれ、
そこでただの木が御霊舎となります。



戻る